借地権に関するトラブルは弁護士に相談~法律を駆使して解決を図る~

借地権に関するトラブルは弁護士に相談~法律を駆使して解決を図る~

借地権とは?

借地権とは建物の所有を目的とする地上権、土地の賃借権のことです。わかりやすく言うと、建物を建てるために土地を借りる権利です。
月極駐車場や資材置き場のように建物の所有を目的としない借地権に該当しません。
土地を借りている者を借地権者、土地を貸している者(地主)を借地権設定者と呼びます。
借地権では土地と建物の所有者が異なることになります。借地権の契約が切れない限り、地主は自分の土地を自由に使用したり売却することができません。また、借地権があることによって土地の価格が下落してしまいます。
さらに、借地権の契約が切れたとしても、借地権者には売り渡し請求が認められています。
このように、借地権は地主にとって不利益であり、トラブルが起こる可能性が非常に高いと言えます。

トラブルの傾向と対策

借地権に関するトラブルで多いのが、売却、更新、地代に関するものです。
例えば、「売却したいが承諾してくれない」「売却は承諾してくれたが名義書換料を請求された」「高額な更新料を請求された」「更新は認められないと言われた」「何の理由もなく地代の値上げを要求された」などです。前述した、地主の不公平感が背景にあると思われます。
借地権に関しては、借地権者と地主がお互いに法律を理解していなかったり、更新拒絶の正当事由や地代の金額が明確に決まっていないなど、当事者だけでは解決が難しい面があります。そのような場合には、不動産業者や弁護士などの専門家に相談してみましょう。

不動産会社の選択が重要!

先ほど借地権に多いトラブルをいくつか挙げましたが、最もトラブルになりやすいのは売却する場合です。
借地権の売却では、地主との交渉や、売却価格をどの程度に設定するかなど、通常の売却よりも考慮することが多く、借地権に詳しい不動産会社に依頼することが望まれます。無用なトラブルに巻き込まれないためにも、不動産会社を選ぶ際は十分に注意しましょう。

借地権の相談ができる業者の違いを比較~不動産会社と弁護士~

不動産会社の場合

不動産会社は不動産の売買のプロです。借地権の問題についてはトラブルが起こる前に相談することをお勧めします。
当事者だけで話し合うとトラブルになってしまうような場合でも、借地権に詳しい不動産会社が間に入ることによって、お互いの妥協点を見出し、円満な解決を図ることができます。また、不動産会社には提携している弁護士がいますので、状況に応じたサポートが可能です。

弁護士に依頼した場合

弁護士は法律問題のプロです。既にトラブルが発生してしまったり、相手が話し合いを拒絶しているような場合は、弁護士に依頼する方が良いでしょう。弁護士は代理人として交渉にあたってくれますし、万一訴訟になったとしても安心です
ただし、最終的に売却することになった場合は、不動産会社に依頼することになります。

広告募集中