完全オーダーメイドの家が欲しいなら注文住宅を検討しよう

狭さを克服する

積み木の家と家族

開口部を広く

川西の狭い敷地に一戸建ての家を建てる場合、空間のムダがないコンパクトにまとまった家が求められます。広さを感じさせる大事な要素に、開口部の大きさや天井高があります。天井高は新築一戸建ての場合、2m40cm程度が標準ですが、天井高をゆったりとるケースも増えています。これに併せて、開口部もハイサッシを使って高くすると一層広さを感じさせる室内になります。ただ川西の狭い敷地の一戸建ては、往来や隣家との関係で窓は広く取りたいが、外部からの視線も気になることが多くなります。そんな時役立つのが、高い位置から灯りを取り込める天窓(トップライト)や高窓(ハイサイドライト)です。この他、窓に羽板をつける方法もあります。枠につけるルーパー、ガラス窓を羽根板状にしたジャロジー窓なども注目されています。ジャロジー窓は開けておくと通気にも役立つので便利です。川西の一戸建ての窓は明るさだけでなく通気面でも大事な役割を担っています。今はサッシの種類も豊富ですから既製品を使って様々な工夫ができます。また、場所を選んでアクセントにしたいのが出窓です。室内には広がりをもたらし、装飾棚や収納などをあわせて配置できる点でも空間を有効利用できることで、川西でも人気が高まりました。出窓は現在セットになったものを取り付けるケースが多いですが、サイズ、形、デザイン、格子のあるなしなどで価格差が大きいため、設計担当者とよく吟味しながら決めることが大事です。

To Top