完全オーダーメイドの家が欲しいなら注文住宅を検討しよう

災害に負けない家づくり

一軒家

シンプルでバランスがよい

茅ヶ崎にいつ来るか分からない地震や台風ほか数々の災害は、つい、家は大丈夫だろうと思いがちです。しかし、油断は禁物です。万一の場合に備えて大切な家族を守れる安全で丈夫な一戸建てを茅ヶ崎に建てましょう。特に地震大国と呼ばれる日本において地震は避けられませんが、天災と諦めず、被害を最小限に食い止める一戸建てを造ることが大切です。耐震性の高い一戸建ては、平面的にも立体的にもシンプルでバランスが取れています。建物の外周で見ると、複雑な凹凸があるものより四角形の方が安全といえます。茅ヶ崎の複雑な一戸建ては、地震のエネルギーが全体に平均して伝わらず、揺れの強弱が建物にゆがみやねじれを生じさせ壊れやすくするのです。また、地震や茅ヶ崎の風など水平に働く力に抵抗できる強さのある壁「耐力壁」を配することも必要です。建物の四隅、東西南北に同じ程度の耐力壁があるとやはり平面的にバランスがよくなります。一方、立体的にバランスのよい家とは頭でっかちにならない建物です。できれば1階に大きな閉口部や広い部屋が少なく、柱や壁も1階に沢山ある方が地震に強くなります。そして、上下階の耐力壁は柱は荷重が均等になるように、なるべくつなげるようにします。つまり、バランスのよい家とは、建物の重心(建物の重さの中心)と剛心(耐力壁の強さの中心)が一致している家です。この2つのずれが大きいほど、建物は不安定になり地震の際には剛心からはずれた弱い部分にエネルギーが集中して、ねじれるように家が倒壊してしまいます。素人に重心や剛心の構造計算は難しいので、依頼先にきちんと確認することが大事です。

To Top